HOME会社案内企業理念

企業理念

アープが取り組んでいることのすべては「品質向上」のためにあります。

We improve the quality of our products

 IT革命の大きな波は個人・企業・社会のすみずみにまで影響を及ぼし、ライフスタイルや価値観に変化をもたらしました。情報技術の役割はますます重くなっており、より信頼性の高い品質の確かなものが求められています。

President & CEO
Kenichirou ABE
代表取締役 阿部 健一郎

 当社は1995年に設立して以来、C、C++、Java言語によるプログラム開発、Webアプリケーション開発、ファームウェア開発、ネットワークセキュリティ環境の構築等に取り組んでおります。社名である〈アープ〉は、インターネットアドレスを物理アドレスに対応づける役割を果たす通信プロトコル、ARP(Address Resolution Protocol)から取ったもの。たとえ一般に知られなくても重要な働きをするソフトウェアを開発したい、という思いを込めました。私たちの企業理念は、「品質向上」という一語に集約されます。
 100%社内でプログラムを制作する、仕様変更が容易なプログラムを書く、品質保証を徹底する、基本的に1次請けしかしないという方針も、ここから導き出されたものです。この世に、完璧なソフトウェアは存在しません。予測できない障害がつきものであり、リリース後には仕様変更がなされるというのが常です。しかし、そのトラブルを極力減らし、万一のときも短期間に対応することは可能です。当社が高い評価をいただいている理由も、ここにあると考えます。

高品質を支える4つの方針

[エレガントな設計] ~Elegant Programming~

ソフトウェア開発会社の第一の使命は、障害が発生しにくいプログラムをつくること。そのため、当社ではシンプルかつエレガントな構造のコードを書くように努めています。これによりリリース後の仕様変更も容易になります。

[信頼関係の構築] ~Relationship of Mutual Trust~

当社は、基本的に1次請けでソフトウェアを受託開発しています。構想段階から最終納品まで責任をもって担当することにより、お客様のご要望を正確に理解でき、高品質なプログラムコードが書けます。また、お客様と厚い信頼関係を築くことができると考えています。

[品質保証の徹底] ~High Reliability~

お客様に確かな品質のソフトウェアをご提供するため、経験豊富な品質保証の専任スタッフが開発初期段階から参加。技術者とは違う視点で、プログラムの仕様をチェックしています。設計仕様を見て問題が発生しないか、そのまま作って大丈夫かを、そのつど検証。長期的な視野に立ち、コスト低減を実現します。

[完全自社制作] ~100% Self-made~

ソフトウェアは常に仕様変更がなされるものであり、その際障害がしばしば発生します。このため当社ではリリース後も迅速にサポートできるよう、派遣技術者や外部再委託は行わず、すべて自社内で制作しています。これにより品質を安定化するとともに、不測のトラブルに対してもお客様への負担を減らす体制を整えています。